上野村でキッチンのリフォームを成功させるポイントはコレ

高山村でキッチンのリフォームをしようと思うけれどどこからてをつければいいのかわからないとお困りの方。高山村でキッチンのリフォームをするにあたって考えなくてはいけないことがたくさんあります。必要なポイントをまとめてみました。

高山村でキッチンのリフォームをしようと思うけれどどこからてをつければいいのかわからないとお困りの方。高山村でキッチンのリフォームをするにあたって考えなくてはいけないことがたくさんあります。必要なポイントをまとめてみました。

高山村でキッチンのリフォームをするなら早目が肝心です

長く住んでいて住み慣れた我が家は心地よさがある反面、古びたのが気になったり、間取りが今の暮らしに合わない。キッチンが暑いとか寒いとか不満を感じてくるようになります。
 


キッチンのリフォームの目安は10年から20年だといわれています。

使い方にもよりますが、コンロやオーブンなどの老朽化は故障や不具合が多くなっていく原因になります。

最新の機器は使い勝手がよくなっていたりエコだったりするので検討する価値はあるでしょう。

キッチンのリフォームはそう頻繁に行うものではありません。

必要な設備、照明、湿気や換気の問題など検討することはたくさんあります。
作業のしやすさも大切な要素です。

 


せっかくの機会だからあれもしたいこれもしたいと思うことでしょう。

でもそうなると費用がかさみそうで予算オーバーになっては困ると思うかもしれません。

キッチンのリフォームをする時に考えなくてはならないことはたくさんありますね。


リフォーム業者は特にこれといった資格が必要ではないのでピンからキリまでいろいろな会社があります。

リフォームを巡るトラブルも結構多いので、そうなったら嫌だなと思うとなかなかできないでいたりします。

知り合いに納得のいかないリフォームになってしまった人がいると余計気になりますよね。

でも、リフォーム時期になったら決断は早くした方が良いのです。

実は、昨年あたりからリフォームをする人が増えてきていて、見積もりの有効期限が2ヶ月先からとか、工事開始が3ヶ月先などということが多く発生しています。

 




私も見積もりを受け取ったときに有効期限が平成30年2月21日以降と書いてあったのでなんだろうと思いました。

見積もりをもらったのは平成29年11月なのに、工事完成予定の間違いではないかしらと思ってしまたほどです。


 


というのも、普通の見積もりって受け取ってから2~3ヶ月以内の期日が期限として書いてありますよね。

「○○日まで」という見積もりが一般的だと思います。

それが「○○日以降」とあるのです。書き間違えかと思ったらその日にちまで作業の手配が出来ないので契約しても実際の工事が出来るのはそれ以降ということでした。

オリンピックの工事関係とか、マンションやホテルの建築ラッシュとか、あちらこちらで建築中の建物を見かけるようになっていませんか。
建築関係はどこも忙しそうです。リフォームも同じです。

悩んでいるうちにどんどん時間がたってしまってキッチンのリフォームのタイミングを逸してしまったというのではもったいないですよね。

 


適切なリフォームを行なえば家の寿命は延びますが、放置しているとリフォームではすまなくなり、立て替えなくてはいけないということにもなりかねません。

なので、高山村でキッチンのリフォームをするなら早めの決断がおすすめです。

高山村でキッチンのリフォームの基礎

キッチンのいろいろ

オープン型
 


キッチンとダイニングを壁で仕切らずにひとでオープンな状態になっているのがオープン型です。

キッチンを壁にそって設置し、調理スペースをダイニングに向けると省スペースになります.

ダイニングにいる人たちとの会話もしやすくなります。



セミオープン型

 


キッチンをダイニングに向けて設置してはいますが、上部に吊り戸棚等をつけて目隠しがあるものです。

家族やお客様とのコミュニケーションをはかりつつ、ある程度自立した空間を確保したいという願いを兼ね備えたタイプになります。



独立型

 


ダイニングとキッチンが完全に分かれているタイプです。

壁でキッチンが仕切られているので、油煙や調理をする時のにおいが他室にまで広がっていったりすることがありません。

調理をしている手元を見られる心配がないのでお客様が来ていても緊張しないで調理に専念することが出来ます。



システムキッチンとオリジナルキッチン

 


システムキッチン

システムキッチンとは、調理台、流し、コンロ台、レンジ台、収納棚など、キッチンに必要な部品を組み合わせて天板と呼ばれる一枚板をのせ、全てを一体化したキッチンのことです。

表面に継ぎ目がないので掃除がしやすく綺麗な状態を保ちやすいキッチンです。



オリジナルキッチン(セパレートキッチン)

形も素材も全て自分の好みに合わせて大工さんにその場所で作ってもらうのが造作キッチンです。

出来上がるまで実物を見ることはできませんが、自分に合った高さや幅に出来上がります。




キッチンのレイアウト

レイアウトは、キッチンの使い方を考えて選びましょう。

1人で調理をするのか、複数の人が同時に調理をするのかでキッチンの中をどのように動き回るかが変わってきます。


①I型キッチン

 


I型は横一直線にシンク、作業スペース、グリル、そして冷蔵庫が並ぶパターンです。

動線が長くなるため広いキッチンには適していませんが、コンパクトなキッチンの場合は使い勝手がよくなります。



②L型キッチン

 


グリル、作業スペース、シンクがL字型に並んだ配置です。

動線が三角形になるので作業効率が良いです。

I型よりも設置するのにスペースが必要なのでLDKが最低でも15.5畳あるのが望ましいです。



③Ⅱ型キッチン

 


シンクと作業スペース、グリルと作業スペースという形で2列に分けた間取りです。

動線が短く、作業効率が良いパターンになります。

一般的にグリルを壁側、水回りを手前側に置くことが多く、家族とも会話がしやすいです。



④U型キッチン

 


シンク、グリル、作業台をU字型に配置した間取りです。

独立型のキッチン向きで、作業スペースが広く取れ、ゆったりと作業できます。


動線は一番短く、作業効率が高くなります。


⑤ペニンシュラ型キッチン

 


シンク、作業スペース、グリルなどをI型やL型などに並べ、一部を壁からを突き出した形になっているのがペニンシュラ型です。

ペニンシュラとは英語で半島のこと。陸地に見立てた壁から伸びている半島をイメージしているのですね。



⑥アイランド型キッチン

 


カウンターの一部を「島(アイランド)」のように壁から離して設置したタイプです。

アイランド方のキッチンは複数の人がキッチンを囲んで調理することが出来るので、ホームパーティーがしやすいキッチンです。

また、料理教室などをするのにも適しています。

欠点としては、他のタイプより周囲に広いスペースが必要になるので、その分他の部屋の間取りにしわ寄せがいってしまうことになります。

高山村でのキッチンのリフォームの流れ

キッチンのバリエーション

オリジナルキッチン(セパレートキッチン)

シンク、コンロ、調理スペースなどが独立して配置されているタイプのキッチンです。

キッチンの幅や高さにあわせてサイズを決められるので、既存の間取りにぴったりと収まるキッチンになります。



システムキッチン

システムキッチンとは、調理台、し、コンロ台、レンジ台、収納棚など、キッチンに必要なを組み合わせて天板と呼ばれる一枚板をのせ、全てを一体化したキッチンのことです。

表面に継ぎ目がないので掃除がしやすく綺麗な状態を保ちやすいキッチンです。



キッチンの間取り

オープン型



キッチンとダイニングを壁で仕切らずにひと間続きでオープンな状態になっているのがオープン型です。

キッチンを壁に沿ってし、調理スペースをダイニングに向けると省スペースになりますし、ダイニングにいるとの会話もしやすくなります。



セミオープン型



セミオープン型はキッチンセットをダイニングに向けて設置し、上部に吊り戸棚等をつけて目隠しがあるものです。

家族やお客様とのコミュニケーションをはかりつつ、ある程度自立した空間を確保したいという願いを兼ね備えたタイプになります。



独立型



独立型とは、ダイニングとキッチンが完全に分かれているタイプです。

壁でキッチンが区切られているので、油煙や調理をする時のにおいが他室にまで広がっていったりすることがないです。

調理をしている手元を見られる心配がないのでお客様が来ていても緊張しないで調理に専念することが出来ます。



キッチンのレイアウト

I型キッチン



I型は横一直線にシンク、作業スペース、グリル、そして冷蔵庫が並ぶパターンです。

動線が長くなるため広いキッチンには適していませんが、コンパクトなキッチンの場合は使い勝手がよくなります。



L型キッチン



グリル、作業スペース、シンクがL字型に並んだ配置です。動線が三角形になるので作業効率が良いです。

L字の角の部分の広さによってデッドスペースになりやすいので、主に使う人の体型を考えてサイズを決めると良いでしょう。

また、I型よりも設置するのにスペースが必要なのでLDKが最低でも15.5畳あるのが望ましいです。



Ⅱ型キッチン



シンクと作業スペース、グリルと作業スペースという形で2列に分けた間取りです。作業スペースが広く取れるので、複数で料理をするときにもストレスを感じないで作業できます。また、一般的にグリルを壁側、水回りを手前側に置くことが多く、家族とも会話がしやすいです。


U型キッチン



シンク、グリル、作業台をU字型に配置した間取りです。独立型のキッチン向きで、作業スペースが広く取れ、ゆったりと作業できます。


ペニンシュラ型キッチン



シンク、作業スペース、グリルなどをI型やL型などに並べ、一部を壁からを突き出した形になっているのがペニンシュラ型です。

ペニンシュラとは英語で半島のこと。
陸地に見立てた壁から伸びている半島をイメージしているのですね。

キッチンにいる人とダイニングにいる人とのコミュニケーションがとりやすくなります。



アイランド型キッチン



カウンターの一部を「島(アイランド)」のように壁から離して設置したタイプです。

しかし、欠点としては、他のタイプより周囲に広いスペースが必要になるので、その分他の部屋の間取りにしわ寄せがいってしまうことになります。

 

高山村のキッチンのリフォームの相場

キッチンのリフォームに関する相場は?
 


私たちの周囲にあるものには相場があります。

高山村でのキッチンのリフォームにも相場はあります。

複数の見積もりを取ることでおおよその相場観が感じられると思います。

キッチンのリフォーム費用は、50万円から150万円か相場だといわれています。

相場だといわれても幅がありすぎてよくわからないと思われるかもしれません。


でも、このような幅が出てくるのにはわけがあるのです。

そのリフォームがシステムキッチンを使うのか、独立型のキッチンのリフォームかで費用が異なりますし、システムキッチンも、I型、L型、アイランド型など、レイアウトの違いによっても費用は変わります。

 


また、現在あるキッチンを取り壊してその場所に新しいキッチンを組み立てる場合と、キッチンのレイアウト自体をまったく変えてしまう場合でも費用は変わります。

キッチンのリフォームの相場を見るためには、まず、自分の家の間取りから考えて、どのようなキッチンにしたいか考えることが必要ですね。

その時には、キッチンの寸法をしっかり測って図面を作ってみると良いでしょう。

見積もりをお願いするときに、いろいろなアドバイスももらえますが、自分なりの構想を書いておくと、比較してよりいっそう自分の希望に合ったキッチンのリフォームが出来るようになります。



キッチンの形ごとの相場を見ていきます。

I型キッチン

 


I型キッチンとは、コンロ、作業スペース、シンクが一列に並んでいるキッチンのことです。

狭いスペースでも採用できることから、基本的なキッチンのタイプということができ、種類や価格なども選択の幅が広いタイプです。

低価格帯の商品の場合、クリナップのラクエラベーシックプランの場合は495,800円から、トクラスのBbが518,000円から、パナソニックのリビングステーションVスタイルが528,000円からですが、食器洗い乾燥機をつけると約6万円、IHクッキングヒーターをつけると約2.5万円プラスされます。



L型キッチン

 


L型キッチンとは、作業スペースをL字に曲げ、コンロとシンクが離れた配置になるキッチンのことです。

低価格帯の商品の場合、クリナップのラクエラベーシックプランの場合は685,800円から、トクラスのBbが648,000円から、パナソニックのリビングステーションVスタイルが668,000円からですが、食器洗い乾燥機をつけると約6万円、IHクッキングヒーターをつけると約2.5万円プラスされます。



対面型キッチン

 


キッチンとダイニングルームの間にカウンターがついていて、家族の様子が見えたり、お皿の受け渡しが出来たりするタイプです。

家族とのコミュニケーションが取りやすいので近年人気が出てきています。

低価格帯の商品の場合、クリナップのラクエラベーシックプランの場合は1,031,800円から、トクラスのBbが678,000円から、パナソニックのリビングステーションVスタイルが688,000円からですが、食器洗い乾燥機をつけると約6万円、IHクッキングヒーターをつけると約2.5万円プラスされます。

高山村でキッチンのリフォームをするなら複数見積もりを取りましょう

高山村で我が家のキッチンのリフォームをする場合、やはり信頼できる会社に頼みたいですね。



理想を言えば、自分たちの希望をしっかりと聞いてくれつつプロとしての適切なアドバイスもしてくれる会社、そして、適正な価格で心のこもった丁寧な工事をしてくれる会社、そんな会社に頼みたいと誰もが思うのではないでしょうか。


以前から付き合いのある会社に頼む、友人から良いところだと紹介されたのでその会社に頼む、などといって1つの会社で決めようとしていませんか?

よく考えてみてましょう

リフォームの施工店は何でも出来るとは言うものの、会社によって得意不得意があります。

キッチンのリフォームに特化している施工会社もあります。

また、外装のリフォームが得意な会社もあります。

お友達のところでは条件にぴったりだったかもしれませんが、あなたのところでは違っているかもしれません。



その会社に決める前に、自分の希望するキッチンのリフォーム工事を得意としている会社かどうか、実績はどのくらいあるのか確認する必要があります。

が、自分で調べるのって大変ですよね。

また、1社からの見積もりだけですと、その金額が適正なのかどうか判断が難しいものです。
比較するのはトータル金額だけではありません。

どんな材料を使うのか、追加料金は発生しないのかどうかなど、比べてみることによって見えてくるものがたくさんあります。

数社に見積もりを依頼するのは現代の常識と言っても良いでしょう。


複数の会社の見積とリフォームの提案を比べることで、より自分のしたいキッチンのリフォームが明確になってきますし知識も増えていきます。

簡単に複数の見積もりを取ろうと思ったらリノコがおすすめです。



https://www.renoco.jp/


無料の見積り依頼をすると最大5社まで希望に合ったリフォーム会社を紹介してくれるので見積り比較が出来ます。



リノコにはこんな特徴があります。

1.お見積もりの価格は「商品+工事+保証」をセットにした安心の諸経費コミコミ価格です

リフォーム工事は頻繁に行うものではないので、そのときの相場がわかりづらいですよね。

見積もりをもらって安いと思ったら、経費は別だといわれて追加料金を請求されたという話を聞くことがあります。

リノコの見積もりは諸経費も含んだコミコミ価格です。材料費、工事費用、撤去費用、人件費などすべて含まれた価格なので、安心して見積もりを比べることが出来ます。


2.日本全国どこでも対応しています

ネットでよさそうな業者を見つけたと思ったら、別の地域のリフォーム工事しかしていない会社だったということもよくある話です。

リノコが紹介するリフォーム会社は北は北海道、南は沖縄まで全国各地に広がっているので、お近くのリフォーム会社をご紹介することが出来ます。


3.80万件突破の実績

リノコのリフォームサービスはこれまで80万件以上の利用実績(2017年5月現在)があります。

実際のリフォーム事例なども紹介してくれるのでキッチンのリフォームを検討するときに便利です。


4.安心のリフォーム保証

リノコはすべての工事に対して施工箇所の1年間保証制度を適用しています。

万が一リフォーム箇所に気になる点があった場合気軽に利用することが出来ます。

また、キッチンにはメーカー保証と同時に5年の機器延長保証が無料でつけられます。

商品が故障しても延長保証に加入していれば、保証期間中は自然故障や不具合に対して無償で修理が受けられます。


5.わかりやすいご案内

リノコは独自のサービスセンターを備えています。

リフォーム・コンサルタントは豊富な知識を元にわかりやすい説明をしてくれるので、専門用語を並べ立てられて何がなんだかわからなかったというようなことはありません。


6.匿名での見積り依頼

リノコは下見の日時が決まるまでは施工店にお客様の名前を伝えることはありません。

実名では聞きにくいような質問も匿名であれば聞きやすいということってありますよね。

また、施工店から直接しつこい営業などをされる心配がないのも匿名の良さです。


7.工事完了までフリーダイヤルが利用できます

リノコで申し込むとフリーダイヤルで施工店に連絡を取ることができます。

電話代を気にする必要もないですし、施工店に電話番号やメールアドレスを知られることもありません。


上野村でキッチンのリフォームを成功させるポイントはコレ © 2018